志望校とモチベーション

当塾では、4月に受験生は志望校を決めて目標を紙に書き貼りだします。

ただ勉強していてもなかなか成果がでないとき、漠然と志望校に合格できるのか不安に思ってきたとき、きまって志望校のレベルを下げたいと相談にくる生徒がいます。

親御さんなど周りの大人は安易に志望校は変えて欲しくない思いはあるのですが、

なかなか上手く子供たちに大人の気持ちは伝わらないものです。

わたしの意見としては入る高校のレベルが高い低いはどうでもよくて、努力をせずなんとなく無理かもとか、レベルを下げたほうが楽だからみないな、そんな感情が見えたときはその子の将来を思っても志望校を変える事はおすすめできません。

 

偏差値の高い学校に合格することが大切なのではなく、目標とする成果をだすために自分の力で考え、計画し努力する過程が将来大人になったときに役に立ちます。

学校を卒業し社会に出たとき、手取り足取り進む道を教えてくれる大人はほとんどいません。生きていく上で壁にあたることは何度もあるでしょう。そんな時に乗り越える力を受験を通じて身につける事ができたと振り返る大人がいることも事実です。