なぜ?どうして?に向き合う

ガウディア担当の鳥井です。

 

プリント学習のガウディアでは、

その日勉強した分を 単元ごとにまとめて

ホッチキスでとめてお子さんに渡します。

 

 

今日、小学一年生さんのプリントをとめようとしたら

ちょうどホッチキスの針が切れ、入れ替えをしました。

 

すると

 

「僕、ホッチキスの針替えるの 初めて見る!」

 

その後、ホッチキスを全方位から眺めまわし

「どうやって1つずつ針が出るんだろう?」

「まっすぐ出た針がどうやってぐにゃって折りたたまれるんだろう?」

と いろいろ考えていました。

 

 

そういえば彼は、

随分前に私が、

「ゴムがあったかくなったり冷たくなったりするマジックだよ」

と言って渡したゴム風船の切れ端を

 

          (高校生以上の方には、お察しのとおり 

              ただのエントロピーの話です💦

 

いまだに筆箱の中に持っていて

時々出しては

「なんであったかいのかなぁ」と言っています。

 

 

私たち大人は 1つの事象に対して

すぐに結果や種明かしを求めがちですが

 

「これってなんだろう?」

「どうして起こるんだろう?」

 

と自分の回りの世界に

疑問を持つこと

考えようとすること

試してみようとすることは

子ども時代にはとても大切なことです。

 

 

そして私は

子どもたちの「なんで?」に

丁寧に付き合える大人を目指したいなぁと

 

今日あらためて思ったのでした。