受験準備は歯も大切!

ガウディア担当の鳥井さほ里です。

 

 

今日私は約2年半ぶりに歯医者さんに行きました。

 

 

先日  大府市の「9020事業

 (90歳になっても自分の歯を20本以上保とう)」

   で表彰された、

桃山町に住む96歳の方にお目にかかる機会がありました。

 

「なぜそんなに歯がお丈夫なんですか?」

   とお尋ねしたところ、

 

「子どもの頃は炒った豆など固いものばかりがおやつだったこと、

今は3ヶ月に1度の定期検診を欠かさず、

それ以外にも変だなと思ったらすぐ歯医者さんに行くこと」

        の二つを挙げられました。

 

 

これを聞いてふと

「あれ?私、前回いつ歯医者さんに行ったっけ?」

  と急に心配になったためです。

 

行ってみると案の定、

歯にステインが溜まっていて、

歯石もびっしりついていたそうです。

歯石のせいで一部溶けかけている歯もあるそうです。

 

「半年に一回は来てくださいよ」

    と先生に言われ猛省。

 

「でも、これ以上先送りせずに来てくれてよかった」

   と言っていただきました。

 

 

私は歯が良いため30年ほど何の不調もありません。

 

しかしこれに甘んじてたかをくくっていると

ある時急に痛くなることもあるのでしょう。

 

 

特に受験生の皆さんは、

どんなに勉強を一生懸命していても、

当日のコンディションが悪くては

せっかくの実力が発揮できません。

 

虫歯が痛くて集中できないなんて悲しいですよね。

 

今のうちに歯の治療も忘れないようにしましょうね。