ガウディアの国語って

ガウディア担当の 鳥井です。

 

 

昨日

国語の勉強をしている小学生さんから

 

「なんでガウディアは、

   教科書に出てくる文章で勉強しないの?」

         と聞かれました。

 

なるほど

学校の定期テストでは

教科書で習った範囲の問題が出題されますもんね。

 

 

私が子どもの頃は、

暗記や解き方のパターンを覚えれば

点数が取れるテストばかりでした。

 

しかし 今や

大学入試では各学校が

それぞれ特色のある選考方法を採り入れているのはもちろん、

愛知県の公立高校入試問題も

徐々に思考型に寄りつつあります。

 

また

大府に住んでいるとピンとこないかもしれませんが

お隣の名古屋市でも

区によっては、クラスの大半が

中学受験をしている小学校もあります。

 

名古屋の児童は

「学校からのテストと受験の問題は全然違う」

      ということを

大府の子たちより早く知っているわけです。

 

 

勉強って、

ただ書いてあること、

言われたことを覚えるだけでなく、

 

自分で解き方を工夫したり

わからなくて あれこれ悩んだり

初めて見る文章や資料を

   じっくり読んだり観察したり

 

そういう形の勉強もあるよ。

 

そして

 

そうやって やっと答えを出せたとき

自分にとって

ものすごい自信と喜びにつながるよ。

 

それを知って欲しくて

 

先生は みなさんに

『全然知らない文章』を解いてもらっています。

 

 

昨日質問の答えとしては

小学生さんには ちょっと難しいかもしれないけれど

 

ガウディアは

読解力を重視する教材だから

 

というのが、回答になるかと思います。