お正月

あけましておめでとうございます。

 

ガウディア担当の鳥井です。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

皆さん、楽しい3が日をお過ごしでしたか?

 

私が子どもの頃は、

お正月は晴れ着を着て

母親の実家に親戚が何十人も集まるというのが慣例でした。

お祭りとお正月の年に2回だけ

着物を着て髪を結うのが楽しみでした。

 

元日は

父の仕事関係の方のお宅を回るのについて行き、

行く先々でお菓子をよばれ、

お年玉をいただいていました。

申し訳ないことに

『全然知らないおじさんがお年玉をくれるラッキーな行事』

位にしか思っていませんでしたが。

 

お年玉も、

子どもたちのためだけのものだと思われがちですが、

そもそもは

神社に参詣した際に

供えられた丸餅を誰でもいただくことができ、

「年玉」と呼ばれていました。

子どもが金銭の形でもらえるのがあたりまえになるなんて、

私の祖父母が子どもの頃には

考えられなかったそうです。

 

 

時代の流れとともにお

お正月が晴れの日であるという意識が薄れていくのは

日本人として淋しい気もします。

 

年末年始の休暇は

祖父母から孫、父母から子どもへ、

その家なりの、その地域なりの

伝統を口伝えていく良い機会ですよね。

 

 

皆さんはこのお正月に、

おじいちゃんおばあちゃんといっぱい話ができましたか?