新聞は読んでいますか?

ガウディア担当の鳥井です。
 
 
先日、大東小学校で
新聞製作や記事の読み方を学ぶ出前教室が開かれました。
 
講師を務めたのは
中日新聞販売店の店主の皆さん。
 
 
子どもたちには事前に宿題が出ており、
新聞紙面から興味のある記事を1つ選んで
スクラップして持ってきていました。
ほとんどの子がスポーツ関連の記事でした。
 
 
新聞が、
テレビやインターネットと比べて良いところは
ペラペラめくることで
全然見る気がなかった記事も自然と目に入ってしまい
新しい分野に興味が湧く可能性あるということです。
 
 
しかも新聞の特長は
厳選された正確な情報を凝縮して届けられること。
 
授業ではさらに
自分が選んだ記事に対する
感想などを発表しました。
 
咀嚼しじっくり考える時間が持てるのも
新聞の良いところです。
 
 
大東小では50分の授業時間内で、
本当に元気に積極的に
たくさん手が挙がっていました。
 
 
お父さんお母さんから
「新聞くらい読みなさいよ!」って言われると
読む気もなくなってしまうかもしれませんが
こういった『出前教室』というかたちで
いつも新聞を扱う現場の人たちから
新聞の楽しみ方を聞くと
手に取ってみようかな?
という気になりませんか?
 
 
ちなみに大東小では
5年生のクラスで、
「みんないつも新聞は読んでますか?」と聞くと
4割ほどの子が手を挙げてくれましたよ!