竹の花

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

ゴールデンウィークに入ったころ、

私の実家で

黒竹(クロチク)の花が開花しました。

 

黒竹は 黒い幹と緑の葉のコントラストが美しい竹。

 

直径は2~3センチで、

高さは3メートルほどと、大きくはなりません。

 

小ぶりなこの竹は鑑賞目的で重宝されるほか、

筆軸などの工芸品にも利用されます。

 

 

竹の花は、

竹の七不思議のひとつといわれるほど珍しく、

60~120年に一度しか開花しません。

 

つまりめったに見ることができないのです。

 

竹は寿命を迎えるときに、

竹林全体が一時期に開花枯死してゆくとされています。

 

そのためか、

竹の花が一斉に咲くのはよくない予兆だなどと

一昔前には言われこともありました。

 

ですが

ならば

 

天寿を全うする黒竹が、

平成から令和へバトンを渡すために咲かせた、

むしろ誠におめでたい花ではないかと、

私には思われるのです。

 

 

 

竹は、イネ科なので、稲の穂に似ています。

糸みたいなのがおしべ。

めしべは外から見えないけど、とげとげの中に隠れています。