運動会

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

先週末、5月にしては異例の暑さの中

運動会が開催された小中学校が多かったですね。

 

皆さん楽しかったですか?

 

 

私にとって子どもの頃、

嫌いな年間行事ナンバー1、2は、

運動能力テストと運動会でした。

 

理由は明白、運動が苦手だったからです。

運の悪いことに

私は小さいころから背が高く

運動ができそうな見かけだったようです。

 

運動能力テストでは、先生方から

「そんなに背が高いのにもっと速く走れるでしょ。」

「大きな体してそれだけしかボールが飛ばないわけがない。本気出しなさい。」と

必ず叱られました。

 

運動会はそれに重ねて、親や祖母が見に来ます。

「徒競走は今年も後ろから数えたほうが速かった。」

「あんな小さい子に帽子とられるなんて。」と

家に帰ってからもさんざん言われました。

 

この先は想像になりますが、

もし私の2人の妹が運動会で活躍していたら

「お姉ちゃんなのに情けない」もついでに言われたことでしょう。

うちは3人姉妹そろって運動が苦手だったのが

せめてもの救いです。

 

 

一方

私の夫は運動好きで

子どもの頃はすべてのスポーツで1番以外はとったことがなかったそうです。

 

もちろん運動会は大好き。

 

そんな夫の出身小学校は、

徒競走の時、

運動能力テストでの50m走のタイムが同じレベルの子同士を

並べて一緒に走らせていたそうです。

遅い子は遅い子同士のチームで力いっぱい走り、

速い子は「必ず一等を目指す!」と

やはり気持ちが高まったそうです。

 

 

さて、

うちの3人の子どもたちは

夫に似て運動が得意な子も、

残念ながら私そっくりの運動神経の子もいます。

 

そんな子どもたちの運動会を見に行くと、

夫は一人一人に

「楽しかったか?」と聞きました。

子どもが「うん」と答えると

「そうか。それはよかったな。」

というだけでそれで終わり。

 

 

いつでも一番しかとったことのない夫には

私なんかの気持ちはわかるわけがない、

と思ってきました。

 

でも、わからなかったとしても、

私が子どもの頃に言って欲しかった言葉を

口にしようと決めてくれた夫に感謝です。

 

 

皆さん、運動会は楽しかったですか?