ツースリー大府

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

一昨日、

大府市の少年野球クラブ「ツースリー大府」の

創立20周年記念パーティにお招きを受けました。

 

 

ツースリー大府は

20004月に大府市吉田町を拠点とした

クラブチームとして結成されました。

 

毎年多数の全国での大会などで、

優秀な成績を残しています。

 

OBには、今年春の選抜高校野球大会で

屈指のスラッガーとして注目された

東邦高校の石川昂弥選手もいます。

 

 

記念パーティには

多くの卒団生やその親御さんも参加し

久々の出会いを懐かしんでいました。

 

思い出話の中で幾度となく出てきたのが

「監督は厳しかった」

          という言葉。

 

ツースリー大府のモットーは、

強い心を育てようという

『ストロングハート』なのです。

 

監督は、厳しくても

どんな子も見捨てることなく

愛情をもって指導しています。

それが子どもたちに伝わっているからこそ、

こうして多くのOBらが足を運んだのでしょう。

 

「ツースリー大府での経験があったからこそ、

その後の人生においてどんな苦難が起こっても

元気に毎日を送ることができる」と

語るOBもいました。



大府が誇れる

大府を誇れる 子どもたちが

たくさん羽ばたいていくことは

私たち大府の大人にとってこの上ない誇りです。

 



多くの方々の力を借り励まされて20年。

ここまで至る道は、決して平坦ではありませんでした。

そんな悪路を踏み越えてきた皆さんには

それぞれの夢の舞台が待っています。

 

これからも

その悪路を楽しんで進んで行ってください。

 

頑張れ!

ツースリー大府!!