七夕灯籠

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

今年の七夕は幸いにも雨に降られず

織姫と彦星が出会えたのではと想像します。

 

 

私は、国の登録有形文化財である

大倉公園休憩棟で開催された

『七夕灯籠』を鑑賞する催しに参加しました。

 

七夕灯籠というのは、回り灯籠の一種。

菜種油に火をともして内部を照らすとともに

その熱によって風車を回し

      影絵を鑑賞するもの。

 

北崎町の男性が

土蔵の中にあった1800年代の七夕灯籠を

研究を重ねて復元し、披露するに至りました。

 

専門家でもないのに修復なさった

      技術と根気に感服するとともに

200年前の人々の

    風流を求める心とアイデアに感嘆しました。

 

大府市歴史民俗資料館では

「こんな素晴らしいものを

   近代的な白壁の部屋で鑑賞するのはもったいない」

      との思いから、その雰囲気に合わせて

文化財を利用しての鑑賞となったそうです。

 

文化財はただ保存するだけではなく

    利用することで継承され

豊かな街と人を育むのだと知ることができた

     今年の七夕でした。