受験生の保護者の皆さまへ

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

新しい年がスタートしました。

 

受験生の皆さんにとっては

ラストスパートをかける数週間です。

 

力を振り絞り疾走する受験生に

保護者はどのように伴走したらいいのでしょう。

 

私の考えついたことを挙げてみました。

 

 

●いつも通りの食事を用意する。

 

●学習進度を訊かない。

 

●特別扱いしない。

 (決められた手伝いや当番をやらなければ

     注意もする)

 

●おしゃべりしたい時に話し相手になる。

 (基本は「へーえ」と聞いているだけ)

 

●細かい点を具体的に褒める。

 (ex  全体の成績は下がったけど、

   二次関数は全問正解じゃん! とか)

 

●寝具を清潔に保つ

  =よい睡眠をとらせる

 

 

 

どうですか。

 

つまんない意見でガッカリですか。

 

でも

結局

『いつもと同じ』

が、いいのかな、と…

 

 

正直、保護者のほうが

「早く楽になりたい!」

「私の不安を拭い去って!」

と叫びたいところでしょうが ( ´∀`)

 

1つの大きな山を

自分の力で乗り越えた子どもが

自信に満ち溢れ

精神的に強く大きくなったその顔

見てみたいですよね。

 

 

受験生の保護者の皆様が

この後も 併走者として

ベストパートナーであり続けますように。