葉脈の栞作り

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

理科の教科書に載っている「葉脈」の実物を見たことありますか?

 

 

今日私は葉脈の栞作りに挑戦してみました。

 

重曹を溶かした水に葉っぱを入れて

 お湯が茶色くなるまで30分くらいぐつぐつ煮ます。

水に移して冷やし、歯ブラシで葉の表裏を、

 葉脈以外の茶色い部分がなくなるまでこすり落とします。

インクや食紅などで着色し、

画用紙に載せてパウチ加工して出来上がりです。

 

 

何枚か作るとちょっと欲が出てきて

1枚の葉っぱで数色を使って染めたくなりました。

 

茎だけ、葉先だけをそっとインクに浸すと、

 葉脈を伝って色が上がってきて

葉脈が

 茎から水を運んだり、

 葉でできた養分を茎へ運ぶ通り道だということを

  あらためて実感します。

 

 

私が使った葉は柊です。

今日から12月。

クリスマスが近いことも

 あらためて思い起こされました。