卒業式

 

 

ガウディア担当の鳥井です。

 

 

はなむけ という言葉があります。

 

その昔 日本では、旅立つ人を送る際、

道中の無事を祈って 馬の鼻先を旅立つ方向へ向ける

「馬の鼻向け」という儀式がありました。

安全祈願の慣習から生まれた言葉です。

 

現在では、旅の安全祈願よりも

卒業式や就職など、

人生の新たなステップに踏み出す人を送り出すシーンで使うのが一般的です。

 

 

昨日は県内の多くの中学で

卒業式が挙行されました。

 

3年生の皆さん、ご家族の皆様

旅立ちにふさわしい陽光の中

ひとつの節目を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。

 

 

時は令和となり

移動の手段が馬から自動車や新幹線、飛行機に代わり

移動の手軽さやスピードは全く変わってしまいましたが

門出に対する人間の思いは今も昔も変わりません。

 

ご卒業おめでとうございます。

ありあまる可能性の中から

自分自身で馬の鼻先を定め

堂々と歩いて行ってください。

 

はなむけの言葉です。