発達支援教育を学んでいます

鳥井です。

 

先日、発達支援教育士認定を受けました。

 

現在日本では全児童の1割にあたる子どもが

何らかの発達障害を抱えているといわれます。

その中には『グレーゾーン』と言われる

一見してわかる症状ではない子も多く

様々な誤解を生んでしまい、社会生活を困難にしてます。

 

私自身も

そういったお子さんに対し

どのような声掛けをしたら

不便やストレスを感じることなく前向きに過ごせるのか

自信が持てずにいたので勉強を始めることにしたのでした。

 

 

発達障害といっても、

自閉スペクトラム症、学習障害、注意欠如・多動性障害に分かれ、

知的障害、精神障害とも異なる症状があるという

基本的なことさえ知らなかったので、

この機会に整理して学べたことは非常に価値がありました。

 

特に、学習障害の中でも

限局性によって効率の良い学習法を選択すればよいという事は

大きな学びでした。

 

 

近視の子が眼鏡をかければ不都合なく日常生活が送れるように

発達障害を持つ子が、

その特性に合わせた支援によって困りごとを軽減し

主体的に当たり前に毎日を送れるようになってほしい。

 

とは言え、初心者教育士です。

引き続き勉強を重ねていきます。