大谷選手とビックボス

鳥井です。

 

 

「まだ早い」かぁ・・・

 

 

アメリカ大リーグの大谷翔平選手が、

 

日本政府から国民栄誉賞を打診されたけれども、

 

「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と返答したというニュース。

 

 

大谷選手がMVPに選ばれ日本中が沸いたのは

 

ついこの間のことです。

 

 

 

その際に大谷選手は、子どもたちに

 

 

「僕もイチローさんがMVPをとったりしたのを見て

 

 メジャーに憧れたりした。

 

 そう思ってもらえるように頑張りたい。」

 

 

と話しました。

 

 

そうなんです。

 

「頑張りました」じゃなく

 

「頑張りたい」なんです。

 

 

 

大変な成績を残してMVPをとったことは

 

大谷選手にとっては成長過程の一通過点に過ぎないようで。

 

 

野球が大好きな子どもたちにとっての

 

『目指される存在』を作ることで

 

ずっと先の未来の野球の発展を願っているのでしょう。

 

元野球好き少年の一人として。

 

 

 

かたや

 

日本のプロ野球 日本ハムの新監督に就任した

 

新庄剛志さんは

 

ド派手なプレーやパフォーマンスで、ずいぶん注目を集めました。

 

 

 

それは時に「新庄劇場」と揶揄されることもあります。

 

 

しかし、そうであったとしても

 

コロナ禍も相まって観客動員数が減っているプロ野球に

 

関心を持ってくれる人が増えるなら・・・

 

 

 

これはもう

 

 

プロ = お金を稼ぐ人 の思考に他ならないでしょう。

 

 

常に華やかに見えた新庄さんも

 

現役時代アメリカに渡った時

 

大リーグで結果を出すことができませんでした。

 

 

不振のつらさを知っている新庄さんは

 

影の努力を重ねる選手たちの心に寄り添える

 

指導者になるかもしれません。

 

 

 

「いいなぁ大谷選手は才能に恵まれて」

 

とうらやむことは簡単です。

 

 

しかしたまたま持ち合わせた才能が大輪の花を咲かせるには

 

大谷選手自身の努力の積み重ねによるものです。

 

 

新庄さんの

 

「地味な努力こそ派手になれる」という言葉は

 

大谷選手にも当てはまりますよね。