プログラミング的思考とは

2020年より小学校教育でプログラミング教育が必修化され、学習としてのプログラミングもだいぶ浸透してきたかと思います。

ただ、学校においてのプログラミング教育がどのようなものかはあまり理解されていないように思いまうす。

まず小学校でのプログラミング教育の核となる部分は「プログラミング的思考」の基礎を身に着けることで実際のプログラム言語(プログラム言語を用いた記述・打ち込み)を学ぶことではありません。

文部科学省の新指導要領では「プログラミング的思考」について下記のように述べられています。

 

「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

 

また

 

「プログラミング教育はコーディングを覚えることが目的ではない」

 

とも述べています。

つまり「プログラミング的思考」とは「論理的に考える力」のことで、一般的にイメージされるようなプログラムを組んだりするプログラミングは「論理的に考える力」を学ぶ方法の一つ手段なのです。

 

少し難しくなってしまいましたが、サンフィット学習塾 知立教室ではプログラミン言語はもちろんですが、特に小学生向けには「プログラミング的思考」を身に着けられるようなカリキュラムを組んで取り組んでいます。

 

私たちの世代にはなかなか馴染みのないプログラミングですが、どんな事を学んでいるのか少しでも知っていただければと思います。